FC2ブログ
■PROFILE

Keitaro

  • author: Keitaro
  • オステオパシーの治療家の卵。
    英語一筋で大学まで進学したものの、海外に出て井の中の蛙を実感。以後、徹底的な方向転換で脱・日本人英語を目指す。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    Some students don't even want to know the Philosophy of Osteopathy.
    ⇒生徒の中にはオステオパシー医学の哲学さえ知ろうとしない人もいるのだよ。

    Zachary Comeaux DO,FAAO


    私は趣味で海外のオステオパシードクターが放った一言をメモっています。ふとした一言には長年の経験と人間性の大きさが垣間見れ、とても興味深いものです。



    コモー先生はウェストバージニア州立オステオパシー医科大学の準教授です。これは去年の秋に現地で授業を受けた際、ラボで漏らした一言です。
    アメリカのオステオパシー医学の教育の現状を見事に凝縮した一言ですね。

    アメリカでは医師としてDOを目指したものの、手技にはほとんど興味を示さず、まして創始者の築いた哲学など「どうでもエエエワイ」という学生も多いらしいのです。
    スポンサーサイト
    未分類 | 23:43:55| Trackback(1)| Comments(2)
    コメント
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2006-12-13 水 06:23:15 | | [編集]
    承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    2006-12-12 火 20:52:12 | | [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    オステオパシーに行ってきました。 JCO附属 巣鴨オステオパシーセンター 体をや 2005-05-30 Mon 13:43:57 | 同棲生活