FC2ブログ
■PROFILE

Keitaro

  • author: Keitaro
  • オステオパシーの治療家の卵。
    英語一筋で大学まで進学したものの、海外に出て井の中の蛙を実感。以後、徹底的な方向転換で脱・日本人英語を目指す。
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    Come back to me later!
    ⇒後で発言します。(まだ準備が出来てないです)

    お役立ち度★★☆


    これは今回、ウエストバージニアの授業中に聞いた口語だ。
    先生がある生徒に、レポートの発表を促すとこう言っていたのだ。

    「後で私のところに戻って来て」っていうのがそのままの意味だけど、
    思うにこれは「I'm not ready」という意味だが、やる気のあるところを相手に伝える積極的表現なのだろう。

    これは頂きだ。普通の英会話学校のクラスでも次のように使えそうだな。

    Teacher: What do you think,Ace?
    Ace:I haven't come up the whole idea. Come back to me later.

    まだ考えがまとまらないんです。また後で言いますので。

    フィラデルフィアのホテルでは、ルームサービスが朝8時に、部屋の扉をひつこく叩くので、思わずこう言った。

    come back later,please.
    もう少し後で来て下さい。

    これはそのままの意味ですね。


    スポンサーサイト
    学校生活の口語 | 22:36:09| Trackback(0)| Comments(0)
    I didn't know you were there.
    ⇒あれー気が付かなかったよ。(いたんだ~)

    お役立ち度★★★


    I didn't know that was YOU!
    I thought you were someone else
    でもOKです。
    自分は面倒くさいから、Oh you were there!?
    しか言いません。後は目を大きくあけてビックリ顔すれば大丈夫!
    カフェの席、学校の廊下、路上などで知り合いに突然声をかけられて、驚いた時などに使えますね。


    学校生活の口語 | 22:33:33| Trackback(0)| Comments(0)